銀行が大口融資に向いているという理由

銀行が大口に向いているという理由

大口融資に向いている銀行、その理由は融資限度額によって金利が決まるからです。
カードローン比較してみると、借り入れ金額自体は10万円からとなっている銀行が多くなっていますが、最大限度額には違いがあります。

 

・三菱東京UFJ銀行カードローンバンクイック 10万円〜500万円
・じぶん銀行カードローン 10万円〜500万円
・オリックス銀行カードローン 10万円〜800万円
・新生銀行カードローンレイク 1万円〜500万円
・ジャパンネット銀行ネットキャッシング 1万円〜1000万円
ご覧になってもわかるように最大融資限度額は500万円から1000万円まで幅広く差があります。
借り入れ金額の下限は10万円以上となっていることが多くなりますので、例えば数万円をキャッシングしたかったとしても最低でも10万円は借り入れをしなくてはならないこととなります。
そう考えると細かなキャッシングには対応していないことは見えてくるものです。

 

融資限度額に大きな違いがありますので、それが銀行を比較するときのポイントにしてしまうこともありますが考え直しましょう。

 

総量規制の対象外であるとはいっても、返済能力を考慮すると借り入れ金額は年収の3分の1に抑えらえれます。
例えばジャパンネット銀行ネットキャッシング、最大限度額が1000万円となっていますが、この金額を借り入れるためには年収が3000万円と考えることになります。
低いと感じられる三菱東京UFJ銀行カードローンのバンクイックの500万円の融資限度額だったとしてもその3倍である1500万円が年収として必要になってくることになります。

 

平均的な年収で考えてみるとその収入は高くても600万円とされている現代で500万円を借り入れることなどそうそうあることではありません。

 

大口融資に向いている銀行ではあるものの、その金額は返済能力に考慮して決められています。
融資限度額が高くなると金利は下がり、返済に関わる利息の負担を減らすことができます。

 

大口融資がしやすいということではなく、大口融資をすることにメリットがあるということです。
利息の金額を抑えることで返済は格段に楽になります。
希望する金額によっても金利を比較しておきましょう。

年収と融資限度額の関係を知る

年収による制限があるのは消費者金融だけ、そう思ってはいませんか?
総量規制によって消費者金融は借り入れ金額を年収の3分の1までと決められています。
銀行は貸金業ではありませんので収入によって決められた借り入れ金額はありません。
もちろん審査によって決められる融資限度額には収入も基礎項目として大きく影響をしていますがそればかりではありません。

 

利用条件を見てみると200万円以上の年収が必要であると記載されていることもあります。
今では年収を条件としている銀行は多くはありません。

 

銀行といえば年収が高く確実な返済ができる安定した職業の方が利用するものというイメージはあるでしょう。
確かにそれは否定できません。
しかし今では銀行の形も様々となりアルバイトやパートでも利用ができる銀行カードローンも増えてきました。
日本三大メガバンクの一つである三菱東京UFJ銀行が提供しているカードローンバンクイックでもアルバイトやパートの申し込みを受け付けています。
バンクイックではパートアルバイトの方が申し込みをしたときの融資限度額に決められた制限はありません。
ただし、学生は10万円以内、専業主婦は30万円以内と立場によって決められた融資限度額があります。

 

ここで少し、年収と融資限度額の関係についてご説明しましょう。

 

総量規制の対象ではないとはいっても融資限度額は消費者金融と同様に基本的には銀行も年収の3分の1程度に抑えられる傾向にあります。
これは返済能力を考慮した金額として決められている目安となっているのでしょう。

 

例えば年収が300万円あれば借り入れ金額は最大でも100万円程度に抑えられることとなります。
これが年収の3分の1ということです。
300万円の年収がボーナスなしの給料だったとして月の給料は25万円です。
300万円の年収と考えると100万円の借り入れ金額は返済ができるようにも感じますが、25万円の給料で100万円の借金があると考えると返済が難しいように感じられるのではないでしょうか。
25万円の内、返済に回せる金額は全額ではありません。
生活もあり将来のための貯蓄もあり、万が一に備えた貯蓄もあり、それを考えると成人が一人あたり安心して暮らしていくためには20万円が必要と言われています。
そこで返済に回すことができる金額は5万円程度であると考えられます。
単純計算で利息を無視して考えてみると100万円の借金を毎月5万円ずつ返済していけば完済するまでには20か月になります。
利息を考えると2年は返済をしていくことになるでしょう。
毎月、生活以外に5万円という返済の固定支出を確保しなくてはならないことは簡単なことではありません。
それを2年間続けるとなればなおさらのこと、困難な状況になることも考えられるでしょう。

 

年収に関わらず借り入れをする金額は十分慎重にならなくてはなりません。
簡単に考えることでその返済は困難になってしまいます。
せっかく低金利の銀行を選んだのであば、無駄のないキャッシングを考えていきましょう。
借りる金額は必要最低限に抑えることは当然のことだと考えておかなくてはなりません。